気分転換 くつろげる場所へ。

1/15/24

暮らしのひとこま


ガーベラ 花言葉は きぼう

 くつろいだひとときのこと。

くつろげる場所って 基本 我が家でしょうか。

外界にいるときの緊張を解いて ゆっくりできるところ。素の自分でいられるところ。いつまででも のんびり まったりしていたいけれど それはそれで 気分転換したくなる。

ちょっと別の くつろげる場に 出かけてみました。

私立図書館 こんなところです。👉佐川文庫

水戸市長を務められ 市政のために尽力された 佐川一信氏の蔵書などを収めたメモリアル図書館。それが 佐川文庫。

氏が活躍されていたころ わたしは 水戸を離れていました。千葉県での結婚生活を送っていたの。

だから お姿をまじかで拝見したことはありません。氏は 55歳で亡くなられています。

わたしが 2015年から約5年間 朗読講座に参加して 通い続けた 水戸芸術館。その礎を築かれたのが 佐川氏です。だから ことのほか 彼に親しみを感じているのかもしれません。

たまに ふらっと 訪れたくなる。それが 佐川文庫。膨大な蔵書やクラシックのCDを手にしなくても そこに居ていい。そんな場所。

しかも いつ行っても 人は まばら。多くて数人。まったく誰もいず 自分だけというときもありました。その静かさが たまらない。

昨日も 5人。窓辺のテーブルで 読書や勉強をしていました。若者~シニア。

庭の景色も 好きです。


ちなみに 入館は無料。館主は 佐川氏のお姉さまで いつも 貸出窓口にいらっしゃる。

本やCDを借りるときだけ 会員証(年会費1000円)が要ります。わたしの会員証は 今月が 更新月でした。それもあって 訪れたというわけ。


蔵書は 少しずつ増えているようです。佐川氏が生きていらっしゃったら きっと読むに違いないというような本も並べられているから。

わたしは 絵本棚のそばに 丸椅子を運んできて どかっと座りました。今週 小学校でのお話会があるので 選書しなくては。

何冊もめくりながら たのしいひととき。

4冊 借りました。


館内には コンサートホール(敷地内)で開かれたライブ映像の観られる場所があります。


飲食可なので バイオリンの演奏を視聴しながら ランチタイム。持参のサンドウィッチをほおばりました。日当たりがよくて ポカポカとあたたかい。1時間近く リラックスしてたかな。

滞在したのは 午前10時30分~午後2時。

我が家から 車で20分弱。やがて 運転できなくなったら タクシーを利用してでも 訪れたいところ それが 佐川文庫。

館内の空気から感じられる 人生を熱い心で走り抜けた方の気配。それが なんともいえず こころを落ち着かせてくれる。そうして 自分の今を 振り返らせてくれる。そんな場所なんです。


気もちが安らいでいられる 居心地のいい場所。

図書館であれ 行きつけのカフェであれ そんな場所も大切にしたい。

自分にとって必要だと感じているから 足が向く。そこに行って リフレッシュ。


我が家以外の ちょっとくつろげる場所。

これからは 歩いて行けるところも探そう。

トコトコ歩いた先に ちょっと憩える場所があったらいい。そうやって ひとり暮らしを

たのしんでいきたい。

No.156

寒の内
身を切られるように寒い時がありますね。
どうぞ お身体 おいといください🍀


 ご訪問下さって ありがとう💗
ポチっとにも 感謝しています。
小鳥たちに そっと ふれてみてね。

おり~ぶ

プロフィール

Author:おり~ぶ


     ご訪問に感謝いたします。

   ひとりびと(a widow)
   & 
  ひとり暮らし

 過ぎゆく今を
   愛おしんでいきたい。

     週2日(原則として 月・木)更新中

アーカイブ

@にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 ランキング不参加

このブログを検索

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー

QooQ